2月度社員研修フォードVSフェラーリ鑑賞

いつもハンマープライスをご利用頂きありがとうございます。ハンマープライス古川ベースの小畑 誠です。

さてもう皆様もご存知かと思いますが、映画フォードvsフェラーリの鑑賞してまいりました。過去ル・マン耐久レースを元に制作された映画は、二作品、栄光のル・マン、ミシェル、ヴァイオン、であり栄光のル・マンは実際のレースの映像と映画の為に撮影された映像を合わせた映画で日本でもヒットした作品です、ミシェルヴァイオンは架空の設定の映画でした。そして今回のフォードvsフェラーリは、登場人物、実話を元に制作された映画です。

主人公ケンのレース車両の開発力、耐久チーム内でのル・マン耐久レースレギュレーションの抜け道を探り、打倒フェラーリに向かっていく姿が描かれてます。

主人公ケンの参戦したデイトナ、セブリング、そしてル・マンの勝利で三冠の快挙を成し遂げる所までは残り数時間フォード副社長のル・マンでフェラーリに勝ち宣伝目的の為、三台同時ゴールするようにチーム監督シェルビーに指示、そしてシェルビーは最後はドライバーのケンに全てを委ねる事にしました。主人公ケンは残り数時間、数周の中で自分の三冠を選ぶか、チームプレーに徹し三台同時ゴール選ぶか最速ラップで走る中相当悩み抜いたと思います。

実際自分の経験した中で、三冠阻止された事はあります、(前の職のセ―ルスコンテストの最優秀賞のタイトル)その時は凄い悔しい思いもしましたし、考えを切り替え翌年に誰にも何も言わせ無い実績を残して三冠を目標とし行った事もありました。実際には関係各所からの協力もあり翌年三冠を達成する事もできました、悔しい思いからの達成する喜び、感謝もちました。主人公ケン、チーム監督シェルビーは翌年のル・マンに向けて動き出した矢先にケンのテスト中での事故死、家族、チーム関係者は相当残念だったと思いました。それからフォードはル・マンで四勝あげ、今現在でもル・マンに耐久レースでフォードとフェラーリの戦いは続いています。(現在は、ML-GTE.proクラスの参戦)

最後にチームワークの大切さ、チームでの目標に向かい達成する事を改めて思わされた映画でした、公開もう終わりになりますが皆様レンタル開始しましたらご覧ください。

ハンマープライスをシェアしよう

ピット作業実績

アプリ登録でタイヤ交換・オイル交換をお得に快適に!

ハンマープライスのアプリ登録で、タイヤ交換・オイル交換を劇的に変えられます!タイヤ交換はアプリ予約で待ち時間無し!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA