映画「フォードVSフェラーリ」

いつもお世話になっております。ハンマープライス仙台扇町ベースの佐々木大輔と申します。2月研修で鑑賞してまいりました。

シェルビー役のマット・デイモンの映画はアクションが多く、よく見ています。その中でも、今回の映画は、主役でありながら、サポート役という感じでした。それに対し、パートナーのケン・マイルズ役のクリスチャン・ベイルの映画は見たことがなかったので、中年のおじさんというイメージでした。

しかし、物語が進むにつれ、ケン・マイルズに対し、「凄い、かっこいい、天才」というイメージに変わっていきました。会社からの理不尽な要求にも、家族、友人、仲間の為、自分の気持ちを抑えながらも、経験を活かし、最高の車をつくるという姿勢がとても魅力的です!

もっと早くに彼らを認めていれば、フォードも変わっていたのかもしれません。彼らのことは何もわからないのに、上から目線でのモノの見方はあまり良い気分ではありませんよね、、、

私にも似たような経験があります。

「俺が正しいんだ!いった通りやれ!」と言われ、こちらの話など聞く耳すらなく、上司や先輩方に罵倒されるといったことも多々ありました。その時、反発し、改善に向かうこともありましたが、ほとんど聞いてもらえなかったですね。それにより、周りに被害が及び、自己中心的だったため、孤立することもありました。

このままでは、自分の考えも伝わらないと思い、上司や先輩の指示をまずは実行して、問題点、改善点を見つけることにしました。それから提案することで、対応が徐々に変わってきたのです。内容は、作業時の段取り、時間、人員の割り当て、指示に対しての具体的な計画を用意しました。上司や職場の先輩、同僚の考えを尊重することの大切さに気づきました。その後は、上司からの指示は具体的で、私の意見も取り入れてもらえるようになりました。また、気持ちを切り替えて行動したことで、同僚からも認めてもらえ、店長になることができました。大変でしたがよい経験でした。

ハンマープライスは、以前の職場とは違い、代表の遠藤社長を筆頭に皆が助け合い協力できる素晴らしい会社です。私は、当社に入りまだ日が浅いのですが、過去の経験を活かし、来店されるお客様のためを考え行動するようにしています。この映画をみてモチベーションがかなりあがりました。今後もこのモチベーションを維持して仕事をしていきます!

本作品は車内から見える景色も圧巻です。是非とも映画館で見て下さい。

ハンマープライスをシェアしよう

ピット作業実績

アプリ登録でタイヤ交換・オイル交換をお得に快適に!

ハンマープライスのアプリ登録で、タイヤ交換・オイル交換を劇的に変えられます!タイヤ交換はアプリ予約で待ち時間無し!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA