東京オートサロン2020

いつもハンマープライスをご利用いただきありがとうございます。

ハンマープライス名取ベース副店長の後藤です。

今回社員研修で東京オートサロンに参加させて頂きました。

今回参加させていただいて気になったのがオールシーズンタイヤになります。

仙台ベース店長の記事にもありましたが私も気になっていたので書かせていただきます。

性能、値段で少し比較してみたいと思います。

調べてみると・・・

ダンロップ、ヨコハマのオールシーズンタイヤは、夏タイヤ寄り

グッドイヤー、ファルケンはスタッドレス寄り

の印象でした。

とくにダンロップは、ウェット路面、ドライ路面が◎で凍結路面が×とのこと。

もしオールシーズンを履こうとなった場合に凍結路面×では、オールシーズンでもちょっと・・・

となってしまいますよね。

 以前私がグッドイヤーのオールシーズンタイヤ、ベクターの試乗会に参加したとき『この感じは、スタッドレスじゃん・・』となり不思議な感覚になりました。

夏タイヤみたいなのに氷上で走るんですから不思議なタイヤですよね。

カーブでもヨレなど少なく氷の上でも怖さなどなくスタッドレス感覚で試乗できたのでお勧めしたいなと思っていた商品でした。

そして・・・オートサロンでの各メーカーのオールシーズンタイヤ・・・注目せざるを得ない・・

となったわけです。

気になるポイントの構造部分は、内部だと夏タイヤをベースにしているので走りの面では、

しっかり感がでると思います。

スタッドレスのようなグニャグニャした感じは、サイプ(細かい溝)の入り方で

軽減しているそうです。

ローテーションパターンで排水性もしっかり確保されてます。

画像出典:グッドイヤー

このグラフは、グッドイヤーベクターになりますがスタッドレスより良く見えてしまいます・・。

そしてなにより気になる予算ですよね。

調べてみて6年の使用で比べてみました。

初年度(195/65R15で比較)

新品夏タイヤ(国産)約¥60000+新品スタッドレス(国産)約¥70000=約¥130000

新品オールシーズンタイヤ(グッドイヤー)約¥70000

新品を3年で考えた場合¥130000×2回で¥260000

オールシーズンタイヤを2年で考えた場合¥70000×3回で¥210000

当店お勧めヴィツァータイヤの場合¥62200×2回で¥124400

中古の夏と冬の場合約¥50000×3回で¥150000

中古スタッドレスを毎年履きつぶした場合約¥25000×6回で¥150000

比較してみるとかなりの差額が生まれます。

この差額が積もれば・・・となるかもしれません。

メーカーやパターンによって差額は、変わると思いますので参考までになります。

地域的なところでスタッドレスが安心という所もあると思いますので参考にして頂ければと思います。

宮城県北などであればやはり夏、冬と履き替えが考えられますので当店お勧めヴィツァータイヤ、良品中古もあります。

県南地域であればオールシーズンタイヤ、中古履きつぶしなど選択肢に入るかと思います。

新品タイヤホイール、中古タイヤホイール、ヴィツァータイヤ、輸入タイヤ、オールシーズンタイヤ

取り扱い豊富でいろんな選択の出来る当店でぜひご相談ください。

ハンマープライスをシェアしよう

ピット作業実績

アプリ登録でタイヤ交換・オイル交換をお得に快適に!

ハンマープライスのアプリ登録で、タイヤ交換・オイル交換を劇的に変えられます!タイヤ交換はアプリ予約で待ち時間無し!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA